キャバクラ派遣のメリットは?

ノルマや面倒なお仕事がありません

お店に在籍するのではなく、にわかにキャバクラ派遣を選択する女の子が増えてきているのは、それにメリットがあるからなんです。

ノルマが無いのは、派遣のキャバクラ嬢として働く最大のメリットでしょう。
ノルマがあればプレッシャーにもなるし、もしノルマが達成できなければペナルティの対象にもなりかねません。
それにビクビクと怯えながら働くのなんて嫌ですよね。
在籍キャバクラ嬢はお店ごとにノルマやペナルティが設けられていることが多いので、それが嫌なら派遣を選んだ方がずっと気が楽ですよ。

在籍のキャバクラ嬢の多くが毎日のように行っている面倒なお仕事も、派遣のキャバクラ嬢は行わなくてもいいんです。
面倒なお仕事とは、営業や同伴、アフターなどのこと。
営業をしなくていいと、出勤時以外は完全に自由時間となるので、稼いだお金で遊んだり飲んだりお買い物をしたりできちゃいます。

在籍キャバ嬢は指名を受けるために、ドレスを着ていない時も営業メールやLINE、電話などをしていることを考えれば、派遣のキャバクラ嬢は本当に自由ですよね。

同伴やアフターがないことも営業をしなくていいのと同様で、自由な時間が確保されやすくなるというメリットがあります。
もちろん、精神的にもずっと楽。
派遣なら、カラダもココロもストレスフリーでお仕事と向き合うことができますよ。

キャバクラ派遣にはこんなメリットも

ノルマが無いとか営業をしなくていいというメリットは、キャバクラ派遣を語る時によく言われること。
派遣キャバクラ嬢として働くと、他にももっといろいろな、しかも意外なメリットがあるので、それをいくつか紹介していきましょう。

派遣だと簡単に辞められる、これもメリットですね。
一度どこか特定のお店に在籍してしまうと、「辞めたい」と言っても引き止められたり、「今辞めたらお給料を支払わない」なんて言ってくるお店もあって、何かとトラブルになりがち。
そもそも、「辞めたい」なんて言いづらいはず。

でも派遣なら、出勤したい時に出勤するシステムですから、長い間休んでも文句を言われませんし、派遣会社への登録を解除することもすぐにできます。
簡単に辞められるというメリットがあるだけで、「今月くらいは頑張ってみようかな」なんて思えるもので、それも派遣を選択するメリットと言えるのかもしれません。

夜のお仕事から昼職へ転職する際に「派遣社員」と書けるのもメリットの一つでしょう。
履歴書の職歴欄の空白を埋めることができますから、書類審査も通りやすくなるはずです。

キャバクラ派遣のメリットまとめ

・ノルマが無い
・お店でペナルティの対象にならない ・営業や同伴、アフターをしなくていい
・自分の都合で簡単に辞める事ができる
・昼職へ転職する時に「派遣社員」と書く事ができる

在籍のキャバクラ嬢にくらべて、自由に時間を確保しやすく、勤務時間外のお客さんへの営業などもないので精神的に楽なのは大きなメリットですね!