キャバクラ派遣と体験入店って何が違うの?

キャバクラの体験入店システムと特徴

夜のお店で働こうと考える女の子中には、「ずっと体験入店で働きたい」と言う人たちがいます。
キャバクラの体験入店とは、どんなシステムなのでしょうか。

「体入」とも略される体験入店は、文字通り、女の子にキャバクラ店でお仕事を体験してもらうための制度です。
「このお店はどんな雰囲気で、どんな客層なのだろう?」という、女の子が当たり前のように抱える不安を、この体験入店で感じてもらうわけですね。
もし女の子が、「このお店では働きたくない」と思えば、次のお店を探せばOK。
本採用ではないので、もうそのお店で働かなくてもいいんです。

ほとんどのキャバクラ店がこの体験入店のシステムを設けていますから、毎回違うお店で体験入店をすれば、ストレスもほとんどたまらずに稼ぐことができる、だから「ずっと体験入店で働きたい」と言う女の子たちがたくさんいるというわけ。

体験入店でも時給は3,000円とか4,000円くれるお店もあります。
女の子にとっては願ったり叶ったりなんですけど、でも、同じお店で何度も体験入店できるわけではありません。
1度か、多くても2度までしか許されていないのが一般的。

そのあとはもう本採用してもらうしか選択肢がなく、本採用後は売り上げによって時給が下がることもあるので、体験入店時のような気楽さは感じられないでしょう。

体験入店を選ぶなら派遣を選んだ方がいい理由

さて、では体験入店を繰り返すのとキャバクラ派遣で働くのと、どちらの方が賢い選択なのでしょうか。

キャバクラ派遣は体験入店と同様に、ほぼ固定給で働くことになります。
働くお店ごとに時給の差がないわけではありませんが、ほぼ時給の維持が可能。

ただ、派遣だと同じお店で何度も働くことができる、ここに体入との大きな違いがあります。
体験入店は上でも説明したように同じお店では何度も働けず、しかも、別のお店を選べばその度に面接を受けなければいけません。
キャバクラ派遣なら面接は、派遣会社に登録するときの1回だけでいいので、面接の手間が圧倒的にかからないんです。

派遣だと必ず働ける、これも大きいでしょう。
体験入店を何度も繰り返すと、徐々に働けるお店がなくなってきますよね。
でも、派遣なら必ず働けるだけの供給がありますから、お財布がピンチの時が多い女の子でも問題なし。

お店側の対応、これにはあまり違いはないはず。
特に、スタッフに関してはあまり気にする必要がありません。
お店側の対応で違いが出るなら、それはお店に在籍しているキャバ嬢の対応ですね。
在籍キャバ嬢は派遣キャバ嬢と仲良くする必要がないので冷たいこともしばしば。
中には仲良くしてくれる女の子もいますから、これは働いてみないとなんとも言えません。

総合的に考えて、体験入店を選ぶなら絶対に派遣を選ぶべき。
何よりも、気楽に働くことができるでしょう。

このページのまとめ

体験入店の特徴
・同じお店で何度も体験入店はできない
・どうしても同じ店で働きたい場合は本採用してもらうしかない
・本採用になった場合は、体験入店時より給料が下がる
・体験入店するごとに面接を受ける

派遣キャバクラの特徴
・同じお店で何度も働くことができる
・面接は派遣会社に登録するときの1回だけ
・派遣キャバクラの案件は多いので必ず働ける